結婚式でおすすめの人気電報はこちらをチェック!

日本郵便の電報サービスのレタックスの特徴とおすすめポイント

日本郵便の電報サービスレタックスの特徴とおすすめポイント 電報サービス

NTTと同じぐらい国民に普及していて安心感と信頼度が高い会社のひとつに民営化された日本郵便が挙げられます。実は日本郵便もレタックスという電報サービスを提供しています。

本記事では、レタックスの特徴とおすすめポイントを紹介します。注文できる電報の種類は少ないですが、郵便局で注文できる点や郵便局への電話で簡単に注文できる点もおすすめポイントです。

レタックスとは

レタックスとは
レタックスは日本郵便が運営する電報サービスで人生の節目となる大切なシーンの結婚式、就職、入学、誕生日、結婚記念日などにお祝いのメッセージを送ることができます。お世話になった故人へのお悔やみの気持ちを伝える弔電の手配もできるので色々な用途でフォーマルなメッセージを届けたい方に愛用されています。

うるし風、織物、刺しゅう、おし花、ぼたん、ゆりなどの定番台紙にそれぞれの想いを載せてメッセージを届けられます。

レタックスはWeb申し込み、コールセンター、郵便窓口(FAX、郵便局への電話、ポスト投函)の3種類の申込方法がありますが、それぞれ料金が異なります。もっとも安価に格安電報を送りたいならWeb申し込みがもっとも最安値で利用することができます。料金的にはそこまで大きく変わりませんが、なるべく節約して電報を出すに越したことはありません。

下記の記事でも紹介していますが、レタックスは手書き電報にも対応しています。ただし、字が達筆な方でないなら手書き電報はおすすめできません。その理由と利用方法は下記の記事で詳しく紹介しています。

手書きの祝電を送ることはできるの?マナー違反じゃない?
手書きの祝電を送ることはできるのでしょうか。当記事では手書きのお祝い電報に関する情報を紹介しています。今すぐチェック!

レタックスの加算料金

レタックスの加算料金
レタックスはコールセンターから申し込んだ場合は文字料金に応じて加算料金が発生します。コールセンターだけ加算料金が発生するのは電話でのやり取りに時間がかかるからだと考えます。また、Web申し込みと郵便窓口での申し込みは通信文用紙が2枚以上になるとそれぞれ追加料金が発生します。

加算料金が発生しますが、31円〜100円程度なのでそこまで大きな加算料金ではなく安心して利用できます。

まとめ

いかがだったでしょうか。日本郵便が提供する安定度バツグンの電報サービス「レタックス」の特徴とおすすめポイントを紹介しました。Webからもコールセンター(22時まで電話対応)からも電報を申し込むことができます。大切な人に届けるメッセージだから信頼度が高い電報サービスを利用したいと考えるならレタックスの利用を検討してみてください。もし、従来の定番電報サービスでなく少しオリジナリティを出したいと考えるならハート電報もおすすめです。ぜひ、色々な電報サービスを比較した上であなたの大切な人にメッセージを届けるサービスを検討してみましょう。

結婚式のおすすめの人気電報ランキング
お祝い電報

結婚式のお祝い電報にピッタリの電報台紙、ぬいぐるみ電報、フラワー電報、高級電報、カタログギフト電報などを一覧で紹介しています。国内の電報事業者10社以上を独自調査した当編集部が厳選する人気電報をチェックしましょう!

電報サービス
シェアする
電報のいろは